<< 拉致された常岡さん、Twitterで情報を発信 | main | auがお財布付きスマートフォンを発表 >>

スポンサーサイト

  • 2011.02.14 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


東京ゲームショウ、今年も大盛況

毎年、大盛況を記録している東京ゲームショウが幕張メッセで
開催され、大変な人出を記録しています。

社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)が主催
し、日経BP社も共催している「東京ゲームショウ2010」は、
9月16日(木)から19日(日)までの4日間で開催されましたが、
、総来場者数が20万7647人に達し、過去最高を記録となりました。
昨年は18万5030人の入場者数でしたが、大幅な来場者増と
なります。

 一般公開日初日から8万1469人の入場者を記録した今年の
東京ゲームショウは、終始大混雑が解消できないほどの盛況
ぶりで、会場の至るところで大渋滞が起きていました。
それでも、ファンやバイヤーの来場は止まず、ゲーム人気の
凄さを裏付けた結果となっています。

 今年注目されたのは、「Kinect」や「PlayStation Move」など、
新システムを採用したゲームのほか、「DISSIDIA 012[duodecim]
FINAL FANTASY」、「アイドルマスター2」、など、今後発売予定の
プレイアブルタイトルに多くの列ができていました。ブースでは、
50タイトル以上を出展したマイクロソフトをはじめ
、3D立体視ゲームやPS Moveを含め50タイトル以上を揃えたSCE
などが広くスペースを確保していましたが、それらのキャパを
はるかに上回る来場者数で、終始混雑していました。

毎年、ものすごい来場者数が話題となる東京ゲームショウですが、
今年も入場者が十分に試遊することができないという重大な問題
を解消できなかったようです。


【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
ライブドアニュースURL
ITメディアニュースURL
イザ!ニュースURL
----------PR----------

出版支援
出版方法
商業出版塾
出版 セミナ―
出版方法

スポンサーサイト

  • 2011.02.14 Monday
  • -
  • 23:08
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク